ベイカレント 嘆き

2021年、コンサルたちの嘆きトップ10

投稿日:2021年12月28日 更新日:

2021年に「コンサル嘆きの壁」で最も注目されたコンサルたちの嘆きトップ10です。

第10位

BCGの拡大が九州に上陸。質の低下がちらほら聞かれますが、ビジネスは非常に好調な様子。

第9位

ベイカレが受付をかわいく、コンサルを日焼けさせて業績好調。ビジュアル系ではなく、正しくはヴィジュアル系らしい。

第8位

桁違いの採用枠になったコンサル各社。コンサル好景気はバブルなのか?採用チキンレースはまだまだ続く。

第7位

またもやベイカレントの受付が注目される。

第6位

コンサル業界に話題をまき散らす株本氏が金メダル級の大活躍。コンサルタントたちにとっていい刺激に。

第5位

労働環境が緩和されたとはいえ、まだまだ負荷の高いプロジェクトも残っているコンサル業界。責任感や野心も大事ですが、健康第一で。

第4位

すべてを飲み込むアクセンチュア。のび太も元アクセンチュア。

第3位

いまやドラゴンズといえば、落合監督率いる中日ドラゴンズではなく、近藤氏率いるEYドラゴンズ。訴訟の先行きをかたずをのんで見守るコンサルたち。

第2位

社会的にも注目を集めた持続化補助金事務局、中抜き批判の末電通からこぼれ落ちた案件は落ちてくるナイフ。キャッチしたデロイトもまた批判の的に。

第1位

これまで少数民族だったコンサルたちの人口大爆発。チャンスが増えるのがいいが、希少価値が減るのは困る。コンサル各社の大量採用に注目が集まりました。

-ベイカレント, 嘆き
-,

執筆者:


  1. […] 過去記事:2021年、コンサルたちの嘆きトップ10 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2022年上半期、コンサルタントの嘆きランキング

もっとも読まれた嘆き 第3位:ノースサンド人材への”こだわり”騒動 ノースサンド社にとっては、もうほっといてほしいであろうあのひと騒動 給与や待遇にこだわりない人求むノースサンド、顔出し人事の大塚さん …

一休み

デロイトの頻尿で機密情報に敏感な折、寝てる間にスライド作成サービスにも注目が集まり、バズって良かったと好感触

寝てる間にパワポ資料を完成してくれるサービスTimewitch。夜22時にメールで入稿したら翌朝8時には納品。1枚1万円、ラフな原稿や手書きのスケッチが半日でプレゼン用スライドに。利用したベンチャーの …

コンサルタントの年収は時価、バブリーなコンサル業界に起きた矛盾

元同期から、自分と同じファーム且つ同じユニットでオファーをもらったと連絡があって話を聞いてみた。そしたら、ランクはSCで俺より年収200万ぐらい高いオファーを貰ったらしい、、、俺のコンサルでの2年間っ …

キーエンス

キーエンスの化け物感

キーエンスは創業当時からイケイケだった 「日本一給料が高い会社に」 キーエンス創業者が80年代に語った夢 https://t.co/U7MTPDQiNS— 日経ビジネス (@nikkeibusines …

炎上

年収チャンネルでお茶の間を炎で沸かせた、元ベイカレ出世頭 株本氏のStockSunが代表交代、後任は京大法⇒拓殖大院⇒起業⇒起業⇒Stock Sun

株本氏がStockSun代表辞任 今までありがとうございました。StockSunの代表を辞任します https://t.co/neUFu4A8eP— 株本祐己(フリーランス名鑑/年収スカウト) (@S …