嘆き

山口FGの調査報告書で有名になった影が薄い系ファームのオリバー・ワイマンが、追加の調査報告書でいよいよ有名チャンス

投稿日:

コンサルのアドバイスにヒントはあっても答えはない

https://www.ymfg.co.jp/news/assets_news/news_20211014_05.pdf
45ページ目

前回調査報告書のあらすじ(2021年7月26日)

内部告発があったから調べる

青年将校的に、、、

常日頃、地銀界のヒーローになることを念願し、

すこぶる不調である

コンビニの従業員と同じだ的な発言

外資系経営コンサルタント(xxx社)の受け売りに過ぎない
xxx社のヘッドであるxx氏は、著作がある程この分野では
著名な人物であるが、悪評も数多くある要注意人物である。

残った行員も最悪の状態にある

当該行員を東京勤務に異動させ、東京出張
のたびに逢瀬を重ねていたようである。

追加で調査が必要になって、調査報告書もう一丁

さらなる調査の必要性が判明した

1.新銀行設立に関して、
 ①新銀行を作ることを勝手に金融業者と決めた、そこの社長も勝手に決めた
 ②取締役会での発言がやばい
 ③いつも辞めると言っている
 ④a氏(外資コンサルの人)の新銀行トップ就任を否決されて駄々をこねた
 ⑤決め方が無茶苦茶

2.リテール部門の人事異動がやばい

3.勝手に証券会社と提携解消交渉

4.CEO室がやばい

えっ、、、

過去記事:日本で影が薄い戦略ファームトップの一角を占めるオリバー・ワイマンが山口FGのごたごたで話題、いよいよ日本でのプレゼンスが高まるか

-嘆き
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

IBM

文化シヤッターのシステム開発頓挫案件の賠償は、IBMのセールスフォース専門米国チームブルーウルフの名前がカッコいいけど19.8億円也

地獄やん…“日本IBMも積極的に標準部品の活用へ誘導することなく2次要件定義フェーズや設計・開発フェーズを進めたため、カスタム開発の割合は95%に膨れ上がった。”文化シヤッター …

2022年上半期、コンサルタントの嘆きランキング

もっとも読まれた嘆き 第3位:ノースサンド人材への”こだわり”騒動 ノースサンド社にとっては、もうほっといてほしいであろうあのひと騒動 給与や待遇にこだわりない人求むノースサンド、顔出し人事の大塚さん …

ベイカレント

アクセンチュアの面接体験記noteが、面白くない、いい加減にしろ、嘘だろと言われた挙句、ベイカレに延焼

深夜に読むと爆笑してよく眠れます←アクセンチュアが何の会社知らないのに、面接を受けて大変なことになった話|monologue|とある男の独白 #note https://t.co/PskhCuckpk …

no image

年末年始の休みに突入したコンサル族にとって読者は別腹、嬉々として読書に勤しむ

朝散歩してコーヒー買って本読むのメチャクチャ楽しいし、体と頭が起きます pic.twitter.com/asoBR1q4Zh— もやし@戦略コンサル0年目 (@Ct__0330) Dece …

ちきりん

一流のコンサルタントは、ちきりんにブロックされている

なんでやねん! pic.twitter.com/nckfsevzOK— 兎に角 (@to2kaku) November 1, 2022 純ドメさん、おもちさん、私もブロックされてました。  …